<< 新作「水面の手鏡」 | main | 時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展作品 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

新作「漂着標本」


海辺には様々な物が流れ着く

どこかから漂って流れて来るうちに丸くなった石
海水に濡れて少し透き通るような、
内側から白く光っているような石
そのうちのひとつの、また新しいかたち

これが漂流の終着点かもしれないし、
そうではないかもしれない



------------------------------------------------------------------------------------------------

海辺で採集した石を研磨して製作したピンブローチです。
ひとつひとつ大きさも色も形もまったく違って、作業中も色々な発見がありました。
今回は高知の桂浜で採集してきた石を使用しました。


ピカピカにするのではなく、
砂浜にあった時のように、しっとりと海水に濡れた自然なツヤや透明感を残したかったので
ほんの少し、面が分かる程度の光り具合や荒さで研磨しました。

白い石は特にそうなのですが、石の柔らかな色に吸収されて、
そのツヤが写真では捉えきれませんでした。。
(単に私の写真の技術が全く無いからというのもあります…)
これも本当に、店頭にて実物をじっくり見つめて頂きたいです。

裏側の金具部分


箱入り、各¥2200+税となります。



こんな風にお洋服にボタンのように着けても可愛いかと思います。
黒い服の方が際立つかなと思いきや、白い服にも馴染んでいました。


スークでのミニ個展にて初お披露目となっております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

納品

スポンサーサイト

-