スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

新作「水面の手鏡」天体ver.

Twitterではお知らせさせて頂いておりましたが、
新作として「水面の手鏡」の天体ver.が出来ました。


・パリの夜空
・天球図
・おおぐま座、こぐま座
の3柄です。
全て箱付き、各¥3700+税となります。

・11/21,22のデザインフェスタ(済)
・11/25〜12/25のGuignolさん「天体観測展」
・12/12,13のクリエーターズマーケット
で販売となります。

今後の委託先への納品はお店と相談してからとなるのでまだ未定ですが、
こちらは限定ではなく、継続で販売予定です。
以前の2柄もその予定なのですが、決まり次第お知らせいたします。

では、各図のご紹介などを少し…。

「パリの夜空」はアメデ=ギルマン著「Le Ciel」の挿絵「12/20の深夜、パリの北側」のリトグラフです。
静まり返った夜のパリの街並みに、グラデーションの夜空と星々が美しいです。


「天球図」は北半球と南半球の星図が描かれています。
青と黒の図のコントラストや文字のバランスがとても素敵です。


「おおぐま座、こぐま座」
19世紀末、ドイツ・ライプツィヒで印刷された百科事典の挿絵のリトグラフです。
雪が積もった寂しい河辺と夜空がなんだか物悲しいような、静謐で美しい風景です。


今回はハンダ枠ではなく、
このようなアンティークの幻灯機スライドをモチーフに黒い紙枠で、
紙ラベルも貼って製作してみました。


冬の冷たい空気に似合うような手鏡に仕上がったかと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします!

納品

時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展作品

かなりぎりぎりの告知となってしまい大変申し訳ありません。
11/6〜29、シャララ舎様で開催の時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」と
出展作品をご紹介させて頂きます。

最初の告知記事はこちら
時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その1
時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その2
時計荘×ROUSSEAU企画展「石の夢」出展者ご紹介・その3

時計荘さんは鉱物を使用したジオラマ等を作られていて、
その小さな空間の中に広がる密やかな世界と、
本当に鉱物がお好きだからこそ培われた確かな知識、
鉱物を扱われる姿勢までとても魅力的な作家さんです。

今回その時計荘さんにお誘い頂き、とても嬉しい反面
「素晴らしい作品を作られる作家さん方の中で場違いではないだろうか…」
「鉱物という専門分野の物をきちんと扱える、活かせる作品が作れるだろうか…」
とプレッシャーもありましたが、
自分なりに、鉱物というものをお客様に気軽に楽しんでもらえるような作品を作れたらと思いました。

時計荘さんに何度も色んな基礎的な質問を沢山してしまったのですが、
その度に親切丁寧に色々と教えて下さり、そのお陰で何とか形にすることが出来ました。
本当にありがとうございます!

---------------------------------------------------------------------------------------------

小さな頃、科学館や博物館のお土産コーナーに売られているような
貝殻や鉱物・隕石や化石の標本の置き物やキーホルダー、豆本の図鑑キーホルダー等を手にして
子供ながらに蒐集する喜びを覚えていました。

今までの作品のように物語の一部として何かに見立てたりすることも色々と考えたのですが…
鉱物をじっと見ていると、私が何か意味合いを付けたりするのはなんだかおこがましいというか、
石はただそれだけで美しいのだから、それを最大限活かしたり楽しめるものが一番良いのではないかと思いました。
その為、前述のような懐かしいシンプルな標本にすることに決めました。
名前もシンプルに「携帯鉱物標本」です。

使用した石は
・藍方石(アウイン)(ドイツ/アイフェル産)
・両錘水晶(中国産)
・八面体蛍石/青(ニューメキシコ州ビンガム産)
・八面体蛍石/水色,紫(イリノイ州産)
です。
今回の企画展用に、時計荘さんからお譲り頂きました。

アクリル・無鉛半田使用、
鉱物の接着には水性で石にあまり影響の無い接着剤を使用しております。

各1〜3個ずつ納品で会期中追加納品は無し、価格はそれぞれ税込2160円〜4320円となっております。
当方の作品は展示即売となり、購入したその日にお持ち帰り頂けます。
ご試着も勿論可能です。形によりチェーンの長さも少し違うので、是非色々試してみて下さいね。

・アウイン、両錘水晶1ヶのネックレスとブローチ


・蛍石のネックレスとキーホルダー
ニューメキシコの青は小さいタイプもあります



イリノイの水色,紫


・アウイン、両錘水晶3ヶの横型ネックレスとブローチ
アウインは色の薄いものほど蛍光し、鮮やかなものはほとんど蛍光しません。
比較出来るように、3つグラデーションのように入れてみたので、是非ブラックライトで照らして比べてみて下さいね。
(濃い物だけ入っているものもあります、ご了承下さい)



・アウイン、両錘水晶3ヶの縦型ネックレスとキーホルダー


今回の企画展では、作家さんにより撮影可の作品と不可の作品がございます。
(私の作品は撮影可とさせて頂いております)
店頭にてそれぞれ表記がございますが、分かりにくい場合はスタッフの方にお尋ね頂ければ助かります。
商品を移動しての撮影はご遠慮ください。
また、WebやSNS掲載の際は各作家のお名前もご紹介頂けましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------------------

長文となってしまった割にまとまりのない文章で分かり辛く申し訳ありません。

他の作家さん方の作品も本当に素晴らしく、この企画展でしか見ることの出来ないコラボ作品なども多数ございます。
是非足をお運び頂き、石が魅せる様々な夢をご覧頂けましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

(会期中、ちょうどデザフェス出展で関東に行く為、23日に伺えそうでとても楽しみです!)



 

納品

新作「漂着標本」


海辺には様々な物が流れ着く

どこかから漂って流れて来るうちに丸くなった石
海水に濡れて少し透き通るような、
内側から白く光っているような石
そのうちのひとつの、また新しいかたち

これが漂流の終着点かもしれないし、
そうではないかもしれない



------------------------------------------------------------------------------------------------

海辺で採集した石を研磨して製作したピンブローチです。
ひとつひとつ大きさも色も形もまったく違って、作業中も色々な発見がありました。
今回は高知の桂浜で採集してきた石を使用しました。


ピカピカにするのではなく、
砂浜にあった時のように、しっとりと海水に濡れた自然なツヤや透明感を残したかったので
ほんの少し、面が分かる程度の光り具合や荒さで研磨しました。

白い石は特にそうなのですが、石の柔らかな色に吸収されて、
そのツヤが写真では捉えきれませんでした。。
(単に私の写真の技術が全く無いからというのもあります…)
これも本当に、店頭にて実物をじっくり見つめて頂きたいです。

裏側の金具部分


箱入り、各¥2200+税となります。



こんな風にお洋服にボタンのように着けても可愛いかと思います。
黒い服の方が際立つかなと思いきや、白い服にも馴染んでいました。


スークでのミニ個展にて初お披露目となっております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

納品

新作「水面の手鏡」


静かな水面を覗き込むと
水中の景色が見えたり自分の姿や空が映ったり
それらが重なっていたりする

そんな水面のような
少し不思議な手鏡

光に透かすと
いつかのどこかの水辺の景色が浮かび上がります

------------------------------------------------

マジックミラーは入射した光の一部を反射し、一部を透過させます。
明るい側からは鏡に見え、一部が透過することにより暗い側からは透けて見えるんです。
この特性を使って少し変わった手鏡を作りました。
是非実物をご覧頂きたい作品です!

一見このように普通の手鏡に見えますが、


光に透かすと景色が現れます。


裏面には乳白色のアクリルを合わせているので、
鏡として使用する際に向こう側から顔が見えることはありません。

「水辺の釣人」(上画像の物)と
「湖畔のホテル」

の2柄。
箱入り、各¥3700+税となります。


・ハンダは鉛を含まない無鉛ハンダを使用
・鏡はガラス製ですが、乳白色の裏面部分はアクリルを使用し丈夫に
とてもシンプルですが、色々こだわって作りました。

普通の鏡より少しだけ沈んだ色に映るので、
お化粧直し等で正しい色みを見るのには向かないかもしれません。
身だしなみを整える程度にご使用下さい◎

スークでのミニ個展にて初お披露目となっております。
透かしてご覧頂けるよう、そばにスタンドライトを置いておりますので、是非〜!
どうぞ宜しくお願いいたします。

納品

8/12〜18うめだ阪急スーク ミニ個展「舟を漕ぐ」始まります

当日のお知らせとなってしまい申し訳ありません。
本日8/12から18まで、阪急百貨店うめだ本店10Fスーク中央街区
「うめだ半径1km MACHIまつり」JAMPOT & Guignolさんスペースにて
ミニ個展「舟を漕ぐ」を行わせて頂きます。

詳細ページ
http://jampot.jp/event/2015-08hankyu/

水辺にちなんだ新作を2種類製作しました。
後ほど別記事にてそれぞれご紹介させて頂きます。

また、14日の14〜21時と17日の13〜20時に
店頭にてお手伝いさせて頂いております。

既存の作品も沢山ご用意しました。
是非ご覧頂けましたら嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします!

-------------------------------------------------------------------

タイトルの「舟を漕ぐ」は、水上でのそれと
眠い時にうつらうつらとする状態をかけたものだったので、眠気の方にちなんだ作品や、
貝のピアスなどの可愛いアクセサリー、前から出したかった形と素材のオブジェなど
色々考えたりして製作していたのですが全部は間に合いませんでした…
また次の機会に出したいと思います。すみません…

-